国産オートマ修理専門店
オートマの異音・変速ショック・すべり|国産 オートマチックトランスミッション修理しますオートマの異音・変速ショック・すべり|国産 オートマチックトランスミッション修理します

News

最新情報

2023.12.28
【混雑のお知らせ】引き続きオーバーホールの依頼が多く、順番をお待ち頂いております。12月末現在、2月下旬以降の作業となっております。作業日程に余裕があり、かつ修理をご希望の方はご相談下さい。修理のご相談は対応可能となります。
2023.06.27
私たちは、想い入れのある愛車を乗り続けたい!という方にご利用頂くオートマ修理サービスです。「オートマを安く修理したい」「しばらく走れば良い」「予算が合えば直したい」という方の修理相談を行なうサービスではありません。あなたの想いの詰まった愛車のオートマ修理をお手伝いします。修理をご希望の方は最下部の修理相談フォームから。

大切な愛車に乗り続けたい
ディーラーで直せないと言われたが修理したい
クルマが動かなくくなる前に修理したい

オートマをオーバーホールしたい
リビルトミッションに乗せ換えたい
中古品のミッションに交換したい


そんなオートマに関する悩みは私たちが解決します

オートマに関する悩みを私たちが解決します
あなたの愛車はこんな症状に悩まされていませんか?
あなたの愛車のオートマ異音・変速ショック・すべりを修理します
国産オートマ修理専門店ヴィークルストーリーとは?

オートマチックトランスミッション修理専門店

私たちは、国産車のオートマ修理専門店です。全国のオートマ修理のクルマをお預かりして修理をしています。「整備工場では修理してくれない」「ディーラーで買い替えを勧められる」そんなあなたのオートマ修理の悩みを、私たちが解決します。

 

『自分のクルマが好きでまだまだ乗りたい』
『直るなら修理して乗り続けたい』

愛車のオートマを修理して大切に乗り続けませんか?

国産車のオートマ修理専門店

オーバーホールやリビルトパーツのご提案

「愛車のオートマを修理して末永く乗りたい」そんな風に考えるあなたも、修理代金は気になると思います。「何とか安く修理できないか?」とお考えのあなたには、リーズナブルに早く修理できる方法も提案します。「メーカーリビルト品」「社外リビルト品」「中古品」など、リーズナブルに修理できる方法もご提案します。

オートマチックトランスミッション修理専門店ヴィークルストーリーは、オートマのオーバーオール専門工場であなたの希望やご予算に合った修理方法をご提案します。

 

リビルトパーツのご提案も
 
ヴィークルストーリーの特徴
AT修理のプロが悩みを伺います
AT修理のプロが悩みを伺います

国産車のオートマ診断を数多く行なうオートマ修理の専門家が、あなたの愛車のオートマ修理の悩みを解決。ATF交換・バルブボディ交換・それともオーバーホールが最適?あなたのオートマの悩みを私に相談してください。オートマ修理の専門家があなたの悩みを解決します。

最適な修理方法を提案します
「直せません」はありません

ディーラーでは「修理できません」「買い替えたらいかがですか?」と言われますが、私たちは決して言いません。ご相談を伺い「新品・分解修理・メーカーリビルト品・社外リビルト品・中古品」という5種類の修理方法の中から、ご要望を伺い最適な修理方法を提案します。

国産ATミッションほぼ対応
国産ATミッションほぼ対応

国産車のATは、アイシン精機・ジャトコ・ホンダの3メーカーが圧倒的なシェアを占めており、ホンダ以外はほぼ2メーカーで作っています。ヴィークルストーリーは、独自の調達ルートを持ち、国内メーカー多くの車種で修理対応が可能です。

日本全国引取納車対応します
日本全国対応します

オートマの分解修理をしてくれる工場は、全国でもそれほど多くありません。しかもその多くは輸入車専門です。日本全国の愛車を長く乗りたいオーナーの期待に応えるため、陸送を含めたサポートを行い、愛車を元の状態に直すお手伝いをしています。

5種類の修理方法から選択頂けます
5種類の修理方法からご選択頂けます

オートマ修理の方法は「新品・分解修理・メーカーリビルト品・社外リビルト品・中古品」に分けられます。基本的には車体をお預かりして確認作業を行います。症状をお聞きしたうえ、ご予算やお待ち頂ける日程を伺い、概算の修理費用を事前にお知らせします。

ご予算に合わせて修理方法をご提案
ご予算に合わせて修理方法をお決め頂けます

誰もが最初に悩むのは修理費用がどれくらいになるかということです。多くの方は、オートマの調子が悪いと、ディーラーや整備工場へ相談します。そこで提示される金額は驚く額です。私たちは、ご予算やご希望に合わせて修理方法をお選び頂けます。

 
国産オートマ修理専門店 修理相談はこちらから
オートマ修理のプロフェッショナル

AT修理の専門家「秋田幸男」です。
私が全国のオートマ修理を請け負い、オートマ修理を専門に行うようになったのは「ホンダ・ラグレイト」のオートマトラブルがきっかけでした。もし、あなたがラグレイトのオーナーなら、私のことをすでに知っているかもしれません。

「ラグレイトって、ミッションがみんなダメになるんだって」そんな噂を聞いたのは、平成19年の頃です。ホンダ・ラグレイトは、私が新車ディーラーで営業をしていた頃に販売していたクルマです。高額車両であったためそれほど売れませんでしたが、私も顧客に何台も販売したので大好きなクルマです。

 

AT修理の専門家秋田幸男です

ディーラーから独立して中古車販売店を経営している私の元に、オートマが滑っているラグレイトの委託販売を受けたのがきっかけです。当然、ATが滑っているクルマを販売するわけにはいきません。そこで、ラグレイトを修理するため、クルマのプロを相手にオートマの分解修理をしている特別な工場へ修理を依頼しました。このラグレイトがきっかけで、オートマ修理とかかわることになったのです。

それから10年以上に渡り、全国のオートマ不調で悩むオーナーさんのAT修理車両をお預かりして来ました。噂が広がり、オートマの修理依頼は全国に及び、北海道から九州まで、日本全国のオートマ修理を請け負っています。時には、オートマ絡みの訴訟で著名弁護士のアドバイザーを行なうこともあるほど、信頼されるようになりました。

 

オートマ修理

扱うメーカーはホンダが多いですが、多くの国産車のオートマ修理に関わってきました。外車と違い、修理をしてくれる工場が無いことを知ったのも、この仕事を始めてからです。長い期間いっしょに過ごして来たオーナーさんの愛車に対する想い入れをたくさんお聞きして、オーナーの悩みを解決できるオートマ修理の専門家として、多くの国産オートマ修理を行っています。

 


もしあなたが、愛車のオートマ修理で悩んでいるのなら、私に相談してください。私なら、きっとあなたの悩みを解決できると思います。

AT修理の専門家秋田幸男です
内部を動画で説明 不具合箇所を公開します

分解後の内部状態を動画で説明、不具合箇所を公開します

クラッチディスクの減り具合、ATの不具合を起こす1/100mm単位のキズ、ソレノイドバルブ等の劣化箇所、部品が破壊されている状態も実際に確認して頂くことが出来ます。多くの費用と時間がかかるぶん、私たちはその修理工程もお楽しみ頂けるよう、動画やオンラインツールを使って修理過程をあなたに公開しています。

せっかく愛車の修理をするのですから、その過程も楽しみましょう。修理中の様子も動画やSNSを使ってご覧いただけるようにしています。修理過程をすべて公開していますので、修理中も楽しんでいただけるはずです。

お急ぎの方へはメーカーリビルト品の対応も

オートマ修理は車体からミッションを降ろし(FFはエンジンも降ろします)て分解後、交換が必要な部品を特定したうえでパーツの発注を行ないます。交換部品の点数は4〜50点に及び、注文から入荷するまでに一週間以上かかることもあります。古いクルマは海外のパーツメーカーへ在庫照会を行なうため、半月~20日程度待つことも珍しくありません。オートマ修理は時間のかかるものなのです。

そこまで待てないあなたには、メーカーリビルト品のご提案も行います。純正リビルト品は割高な印象がありますが、特定メーカーなら意外と安く提供できる場合もあります。あなたのご要望に合わせて臨機応変に修理方法をご提案します。

ご予算が合わない方へは中古品を探します

オートマ修理は、分解修理(オーバーホール)や一式交換を行なうと、安くても30万円くらいはかかります。一応覚悟してください。しかし「次の車検まで乗れればいい」そんなとりあえず派のあなたには、中古品のご提案もしています。ただし、中古品はお勧めできない車種もあるため、車種や年式、オートマの状態によって個別にご提案しています。

 

作業時には周辺部品もチェック

オートマ修理は、取り外す部品も多く、不具合のある部品がその中に含まれていることも多々あります。オイルシールやパッキン類、ゴムパーツなどが代表的です。交換工賃がかからず部品代だけで交換できるため、一緒に交換したほうが良い部品を案内します。一緒に修理してしまいましょう。

国産オートマ修理専門店 修理相談はこちらから
修理事例を紹介します
 
 

栃木県の山本さん ラグレイトATオーバーホール

「ディーラーには依頼したくありません」

ある日、当店へオートマ修理の相談メールが来ました。少し長いですが、自動車ディーラーの現状をお伝えするため、全文を紹介したいと思います。

 

「はじめまして。栃木県に住んでいる山本と申します。ホンダ・ラグレイトに乗っているのですが、オートマの異常を感じ、ディーラーで診てもらいました。DやRに入れた際、しばらくしてからギアが変わる、1速〜2速に入る時にショックがあったり、すぐに入らない時もありました。2速から3速に変わる時も同じような感じです。

ディーラーの整備士の方が「とりあえずオートマオイルを交換してみましょう」と言われたので、言うがままに交換を承諾しました。その後、ひと月くらい普通に戻って喜んだのですが、最近また同じ症状が現われて、今度はもっと酷くなってしまいました。再度ディーラーで見てもらうと「オートマを交換するしかない」と言われて、修理見積りといっしょに出てきたのは新車のカタログと購入見積書でした。

まだこのクルマに乗り続けたいのだけど、結構な勢いで新車への代替を勧められるのでディーラーが嫌になってしまいました。なんとか修理できないかとインターネットを検索したら、このホームページにたどり着きました。どうか私のラグレイトを直してもらえますでしょうか?」

全国からこのような問い合わせが私の元に届きます。山本さんからのようなメールが届くたび、私は相談者の悲しい気持ちや、やりきれない想いが手にとるようにわかります。私たちは、修理相談を受けた方へ、代替えを勧めることはありません。ご相談内容をくわしく伺い、概算の修理費用をお知らせしたうえ、オーナーさんと一緒に修理判断を行います。

山本さんのラグレイトの場合は、中古品の交換という選択はありませんのでオーバーホールをお勧めしました。4速・5速とも多くの部品をストックしつつ、多くの台数をこなしている私たちは、確実なオートマ修理が可能です。もちろん山本さんもオーバーホールをご選択頂き、完全に不具合を直すことが出来ました。

オーバーホール済のお車を納車した夜には、こんな感想を頂きました。

 

「こんなにスムーズに変速するのですね!!オーバーホールしてよかったです。ずっと心配しながら乗っていたので、その心配からこれで解放されると思うと本当によかったです。これで安心して乗れます。修理してさらにこのクルマが可愛くなりました。」

 

納車した夜に、こんな嬉しい感想をいただいております。

 

東京都にお住まいの関谷さん オートマ滑り修理相談

「USオデッセイにラグレイトのミッションは付きますか?」

初代ラグレイトは全国にマニアの方が多い車種です。そこからさらに、人とはちょっと違うラグレイトに乗りたいという方に人気の海外地モデル、左ハンドルのUSオデッセイ。ラグレイトとUSオデッセイは、外観やエンジンミッション型式が同じで、ハンドルの位置だけが違うと思っている方も多く、「リビルトミッションを載せ替えたい」というオーナーさんから修理相談がありました。

ホンダの場合、同モデルでも少し中身が違うことが多く、残念ですがラグレイトとUSオデッセイは同じミッションではありません。絶対に取付け出来ないわけではないのですが、ラグレイトのATをUSオデッセイに着けるのは加工が必要になります。お客さまへ説明してから数日後、変に加工するよりオーバーホールしたほうが安心との結論に達し、オーバーホール依頼を請け負いました。

 

東京都にお住まいの木村さん

「Dにしても進まないので診て頂けますか?」

ミッションオーバーホールにはならずに済むケースもあります

 

「エンジンをかけてすぐにシフトすると走れません。しばらく暖気をすると動けるようになって走り出すものの、変速しないギアがあります。診て頂けますか?」

 

東京の木村さんから修理相談がありました。その後、診断のため車両をお預かりしました。まずはATFの残量とオイルの劣化から確認を始めます。オートマの変速不調は内部の部品損傷に限るわけではありません。整備不備によっても不調が出ることがあります。ATFの入れすぎ少なすぎ、温間時または冷間時に量を正しく計測できていないなど、知識不足でATFを入れたことにより、変速不調を起こしているケースも多々あります。

 

この車の場合は、ATFがゲージに付かないくらい減っていました。まずはATFを補充して適量の状態を確認します。次にクラッチプレートが焼けて消耗している可能性があるため、正常に変速するか試乗を行います。なぜ少なくなったかは別の問題ですが、この車は正常な量のATFを注入して作業終了となりました。オートマ修理は、修理に出す工場を間違えると、見当違いの対応をされることがあります。知識のない量販店や整備工場に当たると、添加剤やATF交換を進められて症状が悪化することがありますし、ディーラーに相談すると、問答無用で交換されたり買い替えを進められたりと、整備工場によって対応がまちまちなのがオートマ修理なのです。オートマ修理で大切なことは、専門家によるまずは正しい診断なのです。

国産オートマ修理専門店 修理相談はこちらから
 
オートマはなぜ滑る?

オートマチックトランスミッションが「滑る」原因で一番多いのは、消耗部品であるクラッチプレートの劣化により、エンジンのトルクを車軸へ伝えられない状態になることです。原因としては、ATF(オートマチックフルード)を定期的に交換してこなかったことによるものが一番多いでしょう。

オートマの滑りが発生する過程は、ATFの劣化とともに動力を伝える役目をしているクラッチプレートが摩耗していきます。ATFの粘度が落ちていて動力を伝えることが出来なくなると、アクセルを踏んでも空ぶかしのようになり、速度が上がらなくなるのです。他の原因としては、バルブボディやソレノイドバルブなどの故障、トルクコンバーター劣化、また構成部品の割れ欠けなども原因となることがあります。

 

私たちは、他店で修理できないと言われたクルマや、オートマ交換を進められているあなたの愛車のオートマ修理を行なう専門家です。正しく修理原因を見極めることで、適切なアドバイスを受けて欲しいと思います。

愛車を長く乗り続けていると、愛着が出てきます。想い出がたくさん詰まった愛車が変速しなくなってしまい、ディーラーへ駆け込むと「オートマがダメですね。もう代替えしたほうがいいですよ。」そんなことを言われてやりきれない思いをしている人がたくさんいることを知っています。そんな、ディーラーの対応に不満を感じている人が駆け込む相談所のようになっているのが、私たちオートマ修理の専門店ヴィークルストーリーです。

 

ディーラーでは、10年くらいを過ぎたクルマは代替えの攻勢がすごく、場合によっては露骨な方法で迫ってきます。「部品が無いと言われた」「驚くような修理見積りが出てきた」「いきなり新車見積りを出してくる」お客さまの声を聞かず、一方的な押し付けをするディーラーや整備工場に嫌気が指したオーナーさんが、全国から私の元へやってきます。そんなオーナーさんたちの声を聞くにつれ、私は古いクルマも多走行のクルマも、まずはオーナーさんの悩みや希望を聞いて、解決策を提案するようにしています。

オートマチック修理の多くが30万円以上かかります。中古車を買える値段にもかかわらず、ヴィークルストーリーに修理を頼む多くの方が、私の見積りを見てすぐに二つ返事で「修理してください」と言われます。「長く連れ添ってきた愛車に乗り続けたい」という気持ちが強い方がたくさんいることを実感しています。「もう10年乗り続けてもらいたい」そんな気持ちでオーナーさんに接しています。

オートマ修理中の間は、オーナーさんは待つのみです。多くの・・いや、ほとんどの修理工場では、修理が終るまでお客さまへの連絡はしません。私がオーナーなら「内部の状態はどうなっているのだろう?分解しているところを見たい!」と考えると思うのです。ヴィークルストーリーでは、ミッションの分解が終わったら動画を撮影して、ミッション内部の状態をオーナーさんへ見ていただきます。

近くの方は工場で作業風景を見ることもできます。分解したミッション内部が見られることはまずないですし、貴重な機会になると思います。ましてそれが愛車の作業工程なら、修理後の愛着も増すでことしょう。私たちは、修理内容を公開して安心して頂いています。

 

オートマ修理3つのパターン
修理方法 その1

修理の基本「分解修理」(オーバーホール)

オートマの修理を行なう場合、私たちの基本は分解修理(オーバーホール)です。分解修理の場合は、オートマ修理職人が分解するため、不具合箇所が確実に分かります。原因を突き止めた上で、部品を調達して修理を行なうため、最も安心感のある修理方法です。私たちの場合、一般の整備工場が使う部品流通ルートとは別に、独自の部品調達ルートを持っているため、メーカーからの供給が終わった部品も調達することができます。最も安心して修理できる方法です。

修理方法 その2

てっとり早い再生品(リビルトミッション)

すでに組み上がっている、メーカーリビルト品・社外リビルト品は、どれも一長一短です。リビルトとは「再生」を意味します。不具合のあるミッションを分解、壊れている部品と消耗品を交換、再度組み直して正常なミッションにしています。”再生”なので、問題の無い部品は再使用し、交換する部品は消耗品のクラッチプレートやフィルターなどです。過去のデータから壊れやすい部品が分かっている場合は、現状壊れていなくても交換していることもあります。トルクコンバーターも内部に消耗品のクラッチプレートが入っているため基本的には分解修理の対象となります。

 

ATリビルト品は2種類あります。メーカーで作った純正品と一般工場で作った社外品です。どちらも同じ工程を経て再生しますが、部品料金と作業工賃の違いで、メーカーリビルト品は社外品に比べて150~200%割高です。一般工場で作っている社外品は、コスト削減のため純正部品以外を使うことが多いですが、純正部品に比べて品質的に劣ることがあるのと、作業者の技術的な問題で不具合の出るケースがあることが分かっています。

オーバーホールは時間がかかる場合が多く、急いでいるお客さまでリビルト品の用意がある場合は、数日で載せ替えが出来るリビルト品をお勧めすることもあります。オーバーホールを待てないお客さまや、予算の兼ね合いでリビルト品を選択される方もいらっしゃいます。

 

修理方法 その3

あなたはギャンブルしますか?(中古品)

主に解体車両から取り外して販売している中古ミッションに交換する方法です。ヤフオクなどと違って専門業者経由で流通している中古ミッションは、基本的に年式や距離数が分かっていて、外した時点では正常です。ただ、ほとんどの中古品は、すでに取り外されているため走行テストができません。内部の状態が分からないので、いつまで正常な状態を維持できるかは誰にも判断できません。もちろん私にも判断できません。

メリットは、何と言っても格安だということ。「もう少し乗れればいい」「30万円は出せない」など、金銭的な問題の場合は中古品をお勧めすることがあります。もちろんできるだけ良いものを見つけるようにしますが、正直な所ギャンブルです。

国産オートマ修理専門店 修理相談はこちらから
ヴィークルストーリーオートマ修理の流れについて
1
お電話・メールにてお問い合わせ

まずは相談してください。現在の症状、今までの経緯も教えていただけると、より具体的なお話が可能です。その際、車検証がお手元にあるとより良いでしょう。愛車の詳しい状況を教えて下さい。もちろん愛車の想い出話も大切な要素です。その気持を汲み取り、初期対応を行います。

お問い合わせ
 
2
修理方法ご提案

正直、気になるのは修理費用ですよね。多くの方がディーラーなどで修理見積りを取っているため概算金額が分かっていることも多いですが、本当にミッションが悪いかどうかは分からないため、症状をお聞きしながら私たちの基準で判断を行います。修理の必要があると判断した場合は、車検証を元に部品流通を確認して、部品が調達出来る場合には基本的にオーバーホールを推奨します。部品が無い場合や他の状況によりいくつかの方法を提案することもあります。原則的には、オーバーホール > メーカーリビルト品 > 社外リビルト品 > 中古品、の順で提案します。もちろん、ご予算などの関係で最初から中古品で作業を進めることも可能です。

修理方法ご提案
 
3
部品流通確認

ご依頼いただく車両の多くは製造中止から数年~十数年経っています。クルマによっては純正品の製造が終了していることも珍しくありません。そのような場合は、ミッションメーカーの流通ルートを使って修理部品を調達します。また、外国でも流通していたモデルに関しては、販売台数が多かった国の流通も調べて取り寄せるケースもあります。

部品流通確認
 
4
消耗品交換の概算お見積り

車両をお預かりする前に、まずは消耗品交換を基本とした概算お見積りを提示します。これにより大まかのご予算を立てることが可能になります。また、過去の経験により壊れる部品の傾向が分かる時は、その部品も含めてお知らせをしています。

消耗品交換の概算お見積り
 
 
5
作業日程のご相談

分解修理は、お預かり〜作業終了まで約20日間、リビルト品や中古品のミッション交換の場合は1週間程度が目安です。お客さまのご都合と工場の混み具合を調整して、いつお預かりするかを決定します。オートマのオーバーホールは1台当たりの作業時間がとてつもなく長いです。オーバーホールができる職人が限られていることもあり、依頼が重なっている場合は作業をお待ちいただくこととなりますが、ご理解頂ければと思います。

作業日程のご相談
 
6
車両お預かり

作業予定の数日前に車体をお預かりします。お預かりの方法は自動車保険のレッカーサービスが使うことが多いです。自動車保険の契約上使えない場合は陸送も対応しています。自走で来られる方もいますが、すでに不調の症状が出ているミッションなので、これ以上ダメージを増やさないようにするため、出来るだけ自走以外での搬送をお勧めしております。ちなみに、作業依頼は北海道から九州まで幅広いですが、近隣だからと言って早く修理できるということはありません。

車両お預かり
 
7
作業
オーバーホールの場合

車両をお預かり後、ミッションを降ろし(FFの場合はエンジンごと)完全分解を行います。内部の損傷を確認後、正式に部品を注文、部品入荷を待つ間、交換しない部品の動作確認や、パッキン(ガスケット)の剥離、内部洗浄を行います。トルクコンバーターについては基本的に分解して内部の消耗品交換をしますが、まれに分解出来ないものがあります。その際は新品交換となります。部品が揃った所で組付け作業、車体に載せて調整、一定期間の試走を行います。

作業
リビルト品・中古品載せ替えの場合

リビルト品や中古品の場合は、ミッション載せ替え作業となるため、分解修理に比べると1週間程度時間をいただければ作業出来ることが多いです。(リビルト・中古品は品質のばらつき、純正品の素性の悪さなど、お勧めできない車種があるのでご承知おきください。)

作業
 
8
完了・納車

組み上げ及び各種調整後、一定期間の試走を行います。ATF漏れや残量等の最終確認をして作業を終了します。その後はお客さまの希望日に合わせて納車を行います。陸送でお送りすることも可能ですが、出来るだけ引き取りに来ていただいております。その理由は、見違えるほど気持ちよく走るようになった愛車に最初に乗っていただきたいからです。お引渡しは当店または東関東道潮来インター近くの「道の駅いたこ」、関西方面、北海道からのお客さまは希望により成田空港で行います。

東京駅から高速バスで1時間15分、東関東道潮来インターチェンジを降りてすぐのバス停までお迎えに伺います。東京からも意外と近いんですよ。関西方面からのご依頼は、関西空港~成田空港間のLCCが充実しているため、飛行機で来ていただき成田空港での納車も対応しております。(LCC価格は航空会社・時期によって違いますが、5,000円台からあります)

完了・納車
 

「大切な愛車を乗り続けたい」「ディーラーでは直せないと言われたが修理したい」「動かなくなる前に修理したい」そんなオートマに関する悩みを私たちが解決します。

・オートマから異音がする
・変速時にすべる
・変速ショックが大きい
・アクセルを踏んでも進まない

そんな、愛車のオートマ異音・すべり・変速ショックなどの修理相談をお待ちしています。

オートマに関する悩みを私たちが解決します
全国から多くの車両をお預かりしています
全国から多くのお預かり事例
車種 平成3年 トヨタ クラウン 走行267,832km
修理形態 オーバーホール
症状

1速に戻らず、リバースに入れてブレーキを離すもクリープ現象も起こらず、アクセルを踏むとエンスト。

修理概要

オートマ内部の部品は、ある1点以外用意ができたのでオーバーホールを決断。製造終了の部品にダメージは無し。並行してオートマCPUも修理。

修理費

351,550円 コンピューター48,000円

全国から多くのお預かり事例
車種 平成11年 ホンダ ラグレイト 走行83,842km
修理形態 社外リビルト品交換
症状

1~2・2~3速の変速タイミングで滑り、アクセル戻さないとシフトアップせず、リバース時のタイムラグ。

修理概要

中古車購入後すぐのトラブルだったため、ショップ保証で社外リビルト品交換。

修理費

268,800円

全国から多くのお預かり事例
車種 平成12年 ホンダ ラグレイト 走行131,590km
修理形態 メーカーリビルト品交換
症状

P~Rでのタイムラグ及び変速ショック、1~2・2~3速の変速タイミングで滑り、アクセル戻さないとシフトアップせず。

修理概要

作業を急いで欲しいという希望のため、メーカーリビルト品で対応。その他、エンジン/ミッションマウント5点、リアクランクオイルシール交換、パワーウィンドウ部品交換。

修理費

366,670円 周辺部品83,400円

全国から多くのお預かり事例
車種 平成14年 ホンダ オデッセイ 走行142,695㎞
修理形態 オーバーホール
症状

1~2・2~3速の変速タイミングで滑り、アクセル戻さないとシフトアップせず、エラー表示。

修理概要

部品はすべて供給あり。クラッチプレートなどの消耗品以外の構造部品にキズ、欠けがあり交換。他、タイミングベルト・ウォーターポンプ交換、エンジン/ミッションマウント2点、リアクランクオイルシール交換、エンジンオイル漏れ修理。

修理費

430,656円 周辺部品190,637円

全国から多くのお預かり事例
車種 平成7年 マツダ キャロル 走行120,805㎞
修理形態 社外リビルト品交換
症状

2~3速、変速せず

修理概要

内部の部品が生産終了のため、メーカー・社外リビルト品を検討。社外リビルト品で一機在庫が国内にあり注文。ラジエーターにオイルクーラーが着いている車種は同時に交換が必要なため、ラジエーター・オイルクーラーホースも交換。他、エンジンマウント交換、リアクランクオイルシール交換、キャブレター修理。

修理費

251,806円 周辺部品65,610円

全国から多くのお預かり事例
車種 平成12年 ホンダ ラグレイト 走行84,870km
修理形態 オーバーホール
症状

1~2・2~3速の変速タイミングで滑り、Dレンジランプ点灯エラー表示、エンジンから入力回転とミッション出力回転が合わないためフェールセーフモードに入り2速固定。

修理概要

内部部品は一部生産終了。クラッチプレートなどの消耗品以外の構造部品にキズ、欠けがあり交換。製造終了部品に関してはアメリカから取り寄せて対応。他、エンジン/ミッションマウント5点交換、リアクランクオイルシール交換。

修理費

307,581円 周辺部品68,266円

全国から多くのお預かり事例
車種 平成12年 ホンダ USオデッセイ 走行128,951km
修理形態 オーバーホール
症状

1~2・2~3速の変速タイミングで滑り。

修理概要

内部部品は一部生産終了。クラッチプレートなどの消耗品以外の構造部品にキズ、欠けがあり交換。製造終了部品に関してはアメリカから取り寄せて対応。他、タイミングベルト/ウォーターポンプ交換、エンジン/ミッションマウント5点交換、リアクランクオイルシール交換、オイル漏れ修理、サーモスタット交換他。

修理費

368,368円 周辺部品257,056円

全国から多くのお預かり事例
車種 平成11年 ホンダ USオデッセイ 走行218,675km
修理形態 オーバーホール
症状

Dレンジにギアを入れても動かないことあり、ランダムな発生だったため数か月様子を見る。その後動かなくなり入庫。

修理概要

分解して内部を確認すると、他所で以前ミッションを交換した際にスピードセンサーの取付け不良により、センサー内部コイルがミッションギアにより破損、ミッション内部隅々まで粉々の銅線が散乱。すべて取り除いた末オーバーホール作業。

内部部品は一部生産終了。クラッチプレートなどの消耗品以外の構造部品にキズ、欠けがあり交換。製造終了部品に関してはアメリカから取り寄せて対応。他、エンジンマウント1点交換(他は以前交換済み)、リアクランクオイルシール交換。

修理費

443,056円 周辺部品 31,190円

全国から多くのお預かり事例
車種 平成16年 ホンダ MDX 走行188,271km
修理形態 オーバーホール
症状

1~2・2~3速の変速タイミングで滑り、リバースへ入れた時にタイムラグ。

修理概要

内部部品は調達可能。消耗品のクラッチプレート交換、構造部品に数点破損あり交換。他、タイミングベルト/ウォーターポンプ交換、エンジン/ミッションマウント3点交換、リアクランクオイルシール交換、パワステポンプ/ギアボックス修理、エグゾースト関係修理。

修理費

405,144円 周辺部品 218,430円

全国から多くのお預かり事例
車種 平成20年 マツダ ロードスター 走行94,139km
修理形態 中古ミッション交換
症状

ハンドルを切って発進時に複数回エンジンストール。

修理概要

お預かりするも症状再現出来ず。オーナー様は予防修理的にオーバーホールを希望するも内部部品が高額でメーカーリビルト品と同様の金額に。(当時約55万円)予算オーバーのため中古品を選択。約5万kmの車体から外したミッションと交換。他、プロペラシャフト修理。

修理費

121,098円 周辺部品 32,940円

※価格は修理当時の価格です。

オートマ修理費用について

修理費用について

車種、駆動方式、ミッションタイプにより相当価格差が出るので、お問い合わせ時に調べてお知らせいたします。また、ご依頼いただいた後、マウントなどの工賃の節約が出来る場合、交換をしたほうが良い周辺部品が出た際もお知らせし、余計な工賃が発生しないよう同時作業を提案いたします。

修理の価格とは別に車両搬送費用も考えなくてはなりません。多くの保険会社が修理のための搬送費用を自動付帯しています。無料搬送が出来る距離は各社幅がありますが、関東地方・東海地方・北陸地方の関東寄り・南東北地方までは、無料搬送できる場合があります。

ロードサービスが適用できない場合、遠方の場合は陸送業者を割安で使うアドバイスを行います。保険会社によっては「ロードサービス」「搬送費用」を別設定しているところもあり「搬送費用」で当方からの引き取りが対応出来るケースもあります。

ヴィークルストーリーでは、色々な方法で搬送費を格安に済ませるためのお手伝いをしています。

修理費確定までの流れ

オーバーホールの場合

①車両情報をもとに概算金額をお知らせ
②ご依頼いただくことが決まると部品をピックアップ、具体的な概算見積書の作成
③車両をお預かり、分解後に正式見積書を作成
④作業終了後に周辺部品などを含めた納品書を作成

リビルト品・中古品の場合

①車両情報をいただき概算見積をお知らせ
②車両をお預かり、周辺で修理が必要な部品を含めた正式見積書を作成
③作業終了後に周辺部品などを含めた納品書を作成

国産オートマ修理専門店 修理相談はこちらから
保証について
メーカーリビルト品の場合
メーカーリビルト品の場合

基本的に初期不良のみの保証になります。リビルト品に限らずどの純正部品も同じです。メーカーによって違いますが、概ね納車後1ヶ月程度です。(純正リビルト品を使った場合は保証判断がメーカーとなります)

社外リビルト品の場合
社外リビルト品の場合

社外リビルト品の場合は製造した会社が定めるところによります。多くの場合は半年5千kmから1年1万km程度です。

中古品の場合
中古品の場合

基本的に初期不良のみです。目安はメーカーリビルト品と同じ納車後1ヶ月程度です。専門業者から仕入れますので、動作確認及び正常な状態を確認して販売しています。ヤフオクなどと違って保証無しの現状販売ではありません。

オートマ修理専門店ヴィークルストーリーのよくある質問
車両は届けたほうがいいですか?
自走せず出来るだけ陸送もしくはレッカー搬送をお勧めしております。すでに症状が出ているオートマなので、走行することによってさらに修理部品が増えることを防ぐためです。
持って行くのはちょっと怖いのですが
滑りの症状等がでていると自走で運ぶのは怖いですよね。自動車保険に加入していれば、ほとんど故障レッカー搬送サービスが付いています。これを使うのが一番安心です。レッカー搬送サービスが付いていない場合は、当方で搬送の段取りもお受けします。
クルマを陸送する方法が分かりません
自走で運べない場合は陸送会社などを使って運びますが、私たちで一番安い搬送方法を調べ、段取り~搬送までお手伝いいたします。
搬送に関しては費用が掛かりますか?
自動車保険のレッカーサービスで運べる場合、往路は無料です(保険会社によります)。修理後の搬送も無料になる保険会社もあります。その他の方法で運んだ際は費用が発生しますが、極力安く運べるよう複数の方法を検討してお知らせいたします。
引き取りに来てもらえますか?
すでに動かない場合で、無料の搬送方法がない場合はレッカー会社を手配しますが、当方から引き取りに伺うことも可能です。(引き取り可能地域については連絡をいただいてからの判断となります)
修理完了したら届けてもらえますか?
多くの方は元気になった愛車に乗って帰りたいという希望で引き取りに来られますが、九州や北海道などの場合は陸送会社でお届けします。地域によっては私が直接お届けすることも可能です。(納車時に直接ご説明することができますので、大変喜ばれています)
九州(沖縄)でも対応できますか?
はい。依頼は全国からあるので、九州・沖縄・北海道でも対応いたします。搬送費用が悩みですが、愛車が安全に直るならとご依頼頂いています。なるべく安い搬送方法をご提案いたします。
支払方法は?
現金・修理ローン・カードの対応が可能です。ご依頼いただく際にお支払い方法をお知らせください。ローンの場合は事前審査をお願いしております。取り扱いローン会社やカード会社についてはお問い合わせください。着手金や前受金をお願いする場合がありますので予めご了承ください。
ローン・カードでの支払いは可能ですか?
修理ローン、クレジットカード払いが可能です。修理ローンをご利用いただく際は事前審査が必要なため、ご依頼時にお支払い方法の確認をお願いしております。
保証は付いていますか?
作業内容によって違います。オーバーホールは半年・5千km、中古品は初期不良のみ(1ヶ月程度)、メーカーリビルト品はメーカーによりますが、基本的には初期不良のみ(走り出してすぐのみ)です。
修理しているところを見ることが出来ますか?
オーバーホールについては日程が合えば、分解している状態を工場で直接確認していただくこともできます。しかしながら、あなたが遠方から見に来るまでの間、作業を止めてリフトを専有してお待ちすることは出来ません。そのため、分解時の様子はすべて動画で撮影し、YouTubeを使って限定公開にて案内しておりますので、日程が合わない場合や遠方で出向くことができない方でも修理の様子を見ていただくことが可能です。
車検が近いので一緒に依頼が出来ますか?
車検が近い車両、またすでに車検が切れている車両も含め、継続検査をすることが可能です。また、抹消状態(ナンバーが切れている)の場合、登録までお手伝いすることも可能です。
改造しているクルマは扱えますか?
違法改造車はお受けすることができません。違法の場合は合法に戻すかお断りすることがあります。
不具合のある他の部分も一緒に修理をしてもらえますか?
可能です。特にFFの場合はエンジンを降ろすことが多いので、エンジンマウントなど工程上外すものは工賃無しで交換できますし、エアコンコンプレッサーなど補器類の交換も通常より安くなります。また、そうでない部品もお受けできますので、作業依頼時にご相談ください。
修理をするミッションを持ち込めますか?
基本的にお断りしています。費用を抑えるためにネットオークションなどで見つけたミッションを指定されることが多いですが、到着が遅れることや品質に難があること、粗悪品ですぐに壊れるなどの問題点が多く見受けられるため、修理品の持ち込みはお断りしています。(業者様からのご依頼の場合は別途相談となります)
外車の修理は出来ますか?
AT内部の部品流通があれば国産・輸入車問わずお受けいたします。まずは車検証をご用意いただき、お問い合わせください。
CVTの修理は出来ますか?
CVTの修理に関しては、部品流通の有無によりメーカーによって対応が変わります。部品価格も高いため、中古品やリビルト品を推奨することが多いです。
ヴィークルストーリーの修理ルールについて

ヴィークルストーリーから修理前のあなたへお伝えしたいこと

修理キャンセルについて

諸々の理由で作業のキャンセルが発生する場合の料金は以下の通りです。
・車両をお預かりする前まではキャンセル料金なし
・分解後の見積り時のキャンセルは、キャンセル時点までの作業料金(車種によって異なります)、キャンセル時の車両返送、もしくは車両処分の料金は規定の料金とします。

修理キャンセルについて
オートマ修理は費用が掛かります

オートマを修理するということは、ヘッドライトを交換するような単純作業とは違い、多くの時間と部品が必要とします。ほとんどの方はディーラーや整備工場で概算見積りを出してもらい、納得出来ずに当方へお問い合わせをいただきますが、正直に申し上げて、劇的に安くなることはありません。私たちは、愛車を長く乗れるようお手伝いをしたくてこの仕事をしています。激安修理店では無いことをご理解のうえお問い合わせください。

オートマ修理は費用が掛かります
オーバーホールの正式見積りは分解後になります

オーバーホール(分解修理)の性質上、分解しないと部品がどこまで損傷しているか把握することが出来ません。そのため、正確な見積りは作業前には示せないことをご理解ください。もちろん、症状などから作業前に概算見積りを提示して、修理金額の幅をお伝えして了解をいただいたうえ作業に取り掛かります。

オーバーホールの正式見積りは分解後になります
走行距離は伸びることをご理解ください

車両をお預かりしてから作業完了してお返しするまでに、数回の走行テストをします。作業前に症状を確認する走行テストや、特殊環境にならないと症状が出ない場合は、10~100km程度の走行になることもあります。作業完了後は一般道や高速道路でテストをしますので、100km程度走ります。トラブルを未然に防ぐためですので、ご理解ください。

走行距離は伸びることをご理解ください
保証修理は作業内容によって変わります

保証は修理作業の種類によって変わります。中古品・メーカーリビルト品は基本的に装着後すぐの初期不良、社外リビルト品は製造会社の保証規定、分解修理は半年もしくは1万kmとなります。気になる際は修理相談時に問い合わせください。

保証修理は作業内容によって変わります
お客さまの声

「オートマ修理の経験が多いだけあると思いました」

平成11年 ホンダ・ラグレイト 栃木県 高山様

「ネットの情報では、ラグレイトはオートマが悪くなりやすいと書いてあるのは知っていましたが、とうとう自分も症状が出てしまいました。ディーラーへ持ち込むと「まずATFを交換してみましょう」と言われ、15,000円かけて交換しましたが改善しませんでした。様子を見ている間ネットでこちらを見つけました。やはりディーラーでは対応は難しいのかなと思い依頼しました。試乗の段階で予想した修理部品と、分解した後の修理結果が同じで、さすがにオーバーオールをたくさんやっているだけあると感じました。現在はしっかり直って快調に走っています。ありがとうございました。」

お客さまの声

「一緒に交換すると工賃が安くなる部品を教えてくれるのはうれしいです」

平成14年 ホンダ・ラグレイト 神奈川県 中山様

「1速から2速へのシフト時に変速しない、2速から3速へのシフトで一瞬加速しないでエンジンの回転が上がるという症状でした。分解後に、オートマの分解映像と一緒にエンジンや周りの不具合を教えてくれました。私の場合はエンジンマウントの切れと、エンジンオイル漏れ、エアコンのコンプレッサーがガス漏れの状態で、悩んだのですが工賃がかからず思い切って交換しました。まだまだ乗るので工賃が節約出来てよかったです。エンジンマウントを交換したことによって劇的に振動が無くなり感動しました。これが本来のV6エンジンだって改めて感じた次第です。」

お客さまの声

「オーバーホールとリビルト、中古品を比較して作業方法を提案してもらい安心でした」

平成19年 マツダ・ロードスター 千葉県 武下様

「右折時に思い通り発進してくれないという症状が出て、車を持ち込んで見てもらいましたが症状出ず、一度返してもらってしばらく使うもやはり出るので思い切ってオーバーホールを依頼しました。メーカーリビルト品よりも高くなってしまいました。オートマ内部の部品が高いそうです。さすがに50万円の予算は取れなかったため、並行してお知らせしてもらった5万km弱の中古品を選びました。現在は症状が解消され快適に乗っています。中古品の提案をしていただきよかったです。」

お客さまの声

「並行車は修理出来ないとディーラーで断られ困っていました」

平成12年 ホンダ・USオデッセイ 群馬県 石川様

「ラグレイトの本国版を中古で購入、しばらくしたらオートマの調子が悪くなりディーラーへ持ち込むと、車を見た途端に「並行車はウチでは出来ません」と断わられてしまいました。困ってネットで探すと御社のブログを見つけ早速連絡、たくさん経験があるということで依頼することにしました。現在は無事に直って快調に走っています。」

お客さまの声

「搬送方法のアドバイスが助かりました」

平成11年 いすゞ・ウィザード 山梨県 相島様

「変速に少し違和感があり数週間様子を見ていたら、朝などエンジンをかけてしばらくの間は動けなくなってしまいました。ネットで御社を見つけ、修理を依頼することにして搬送方法を相談しました。保険サービスでレッカーを使う提案をされたのですが、ネット保険のため距離の問題があり無料で運ぶことが出来ません。エンジンが温まれば動けるので走って行こうと思ったのですが、秋田さんから「高速道路で止まる可能性が高い」と言われ、引き取り・納車を依頼しました。車両を見てもらった結果、確かにたどり着かなかったと思います。無謀な走行を止めていただきよかったです。」

お客さまの声

「オーバーホールを覚悟していたのですが、コンピューターで済み安心しました」

平成5年 ニッサン・スカイライン 茨城県 谷島様

「変速に違和感があり、しばらく走っているうちに変速しなくなりました。高額な修理になるだろうと思ったけど、気に入っているスカイラインでまだ乗るつもりだったので依頼しました。クルマを預けて診断してもらった結果、ATコンピューターの故障との連絡。すぐに直ってきました。時間もお金も安く済みよかったです。」

お客さまの声
オートマ修理の専門家から修理で悩むあなたへ

オートマ修理はあなたの家族を救う

クルマは単なる移動するための道具、鉄のかたまりではありません。古くなればなるほどオーナーさんの思い出が詰まっている「家族の一員」になります。愛車に対する想い入れや愛着ですね。そのことを理解している業者は多くありません。特にディーラーは新車を売るのが仕事なので、年式・走行距離でしかクルマの価値を判断しません。「長く乗った愛車は家族の思い出が詰まったもの」という考えにはならないのですね。

ヴィークルストーリーに依頼いただくお客さまは、リビルト品の交換すら嫌がるオーナーさんもいて、愛車に対する想い入れに驚かされます。そういうオーナーさんとたくさん接しているので、長い期間一緒に過ごして来た愛車に対するオーナーさんの想い入れは、他の整備工場以上に理解している自信があります。この部分にこだわって、オートマ修理相談をしています。

そんなオーナーさんにとって、愛車のミッション内部がどのような状態なのか当然気になるところです。その気持ちをよく分かっているので、希望があれば工場で分解したミッション内部の説明もしています。ただ、修理をご依頼されるオーナーさんは遠方の方も多く、遠くから確認だけのために工場へはなかなか来られません。そんなオーナーさんのため、分解したミッション内部を撮影、動画で状態を説明したうえ交換が必要な部品をお知らせしています。

このサービスは、愛車のミッション内部がどのような状態になっているかが良く分かると、大きな評価をいただいています。自分たちの修理内容に自信があるからこそできる方法です。ヴィークルストーリーのオーバーオール修理を受けて頂き、愛車との想い出を1日でも長く過ごして欲しいと思います。

まずはお問い合わせください
あなたの愛車はこんな症状に悩まされていませんか?
あなたの愛車のオートマ異音・変速ショック・すべりを修理します

変速に違和感があったらまずは相談ください。オートマは、一度症状が出始めるとその後症状が改善することはありません。早めの修理がトータルの修理費用を抑えるのです。

オートマ修理の唯一のデメリットは、時間が掛かるということです。今は多くのクルマがFF(フロントエンジン・フロントドライブ)で、エンジンを降ろさないとミッションを取り外せません。エンジンごとクルマから降ろす必要があります。その後ミッションを分解、不良部品を洗い出し部品を注文、部品待ちで1週間かかり、ようやく組み立て開始です。完成後に車体へ組み込みます。このため一度リフトに乗ると最低でも2週間はリフトを占拠します。以前より愛車を大切にする方が増えてきて、高額なオートマ修理も、全国から修理依頼が増えているのが実情です。

 

私たちのもとには全国から修理依頼が集中することもあり、タイミングが悪いと2〜3か月待ちになることも。オートマの不調を感じたらますはお問い合わせください。工場のオートマ修理専用リフトを仮予約します。まずはリフトを抑えないと修理できないのです。症状が出たまま乗り続けると、内部のダメージが進行して、より費用が掛かってしまう可能性があります。オートマ修理は、症状が出始めたらすぐに相談することが重要です。

オートマ修理のヴィークルストーリーはあなたの“困った”を解決します

近年、クルマを長く乗ろうとする人が増えています。しかし、頼りになるはずのディーラーや街の整備工場には、オートマの修理が出来る人材が居なくなってしまいました。販売会社は新車が売れなくなり、利益を確保するため車検整備などに重点を置き、時間がかかる割には利益の薄いオートマ修理は行わずに新車を勧めてきます。そんな理由から、多くの方は安心して修理を任せられる修理工場を見つけられず困っているのが現状なのです。ヴィークルストーリーは、そんな皆さんの窓口になり、愛車を長く所有し続けたいオーナーをサポートしています。

最後に・・私からの長い手紙を読んでくれてありがとうございます。あなたからの修理相談を楽しみにお待ちしています。

国産オートマ修理専門店 修理相談はこちらから

アクセス/店舗

会社外観
店舗名 ヴィークルストーリー
合同会社VSR68(ヴィエスアールロクハチ)
事業内容 オートマチック修理窓口、国産・外車車検・一般修理
窓口、国内、イギリスからの中古車販売、新車販売
住所 〒314-0012 茨城県鹿嶋市平井389-1
営業時間 9:00~20:00
定休日 不定休
電話番号 0299-94-2780
FAX 0299-94-7719
Eメール info@vsr68.net
国産オートマ修理専門店修理相談はこちら

お車の車種を教えてください

 ※必須
 ※必須
 ※必須
 ※必須
 ※必須
 ※必須

お客さま情報を教えてください

 ※必須
 ※必須
 ※必須
 ※必須

希望する修理方法を教えてください

 ※必須

ご相談内容をご記入ください

 ※必須

 

PAGE TOP

ご相談予約